Google+ Followers

2018年7月24日火曜日

雑感

関義元@茨城県立中央病院総合診療科です。

まずは、生存報告(笑)と近況です。

現在、総合診療科スタッフ5名(家庭医療専攻医含む)+救急1+神経内科1の計7名の常勤スタッフでグループ診療をしています。グループ全体で内科専攻医(3-4年目)を1名と初期研修医2-3名を随時受け入れています。例年より余裕がある分、院内救急・へき地診療支援等に多めに支援しています。

尚、今年度後半からは、筑波大及び筑波メディカルセンター病院の救急科専門研修プログラムから、救急科専門研修として、順に1名ずつ専攻医を受け入れる予定です。

私、個人的なことですが、昨年末から今年にかけては、一言で言えば、新専門医制度下の総合診療専門研修プログラムに関連し、日本専門医機構との対応でメンタルにやられた(--;)というところでした。トップがそんなことではしょうがないんですがね、、、
次から次へと、新しいルールが出来たり、以前の約束・ルールが反故にされたり、ということがあまりにも続きすぎて、専攻医に対して、何をどう約束して受け入れればいいんだ、というところから、抜け出せなくなっていました。

来年度に向けて、また、専攻医募集を始めるわけですが、当院プログラムに限らず、総合診療領域は、自分の道は自分で切り拓く、タフな人間に適していると思います。(杞憂であれば良いですが)

当院当科でも、例年通り、総合診療領域の専攻医(初期研修医修了予定の後期研修医)を受け入れます。また、内科専門研修プログラムとして受入れ(こちらは当院内科プログラムで今年度2名採用しています)、総合内科(当科スタッフが内科指導医を併任しています)を目指す道もあります。希望者は当院専攻医希望者向けウェブサイトを見て、私に連絡下さい。メールアドレスは、yoshimoto.seki(アットマーク)gmail.comです。

指導するスタッフも、随時募集中です。気軽にご連絡下さい。子育て中、介護中など、個別の事情にも柔軟に対応できます。

最近、娘とABCクッキングスタジオに通い始めました。夏風邪が抜けず、休みがちです、、、

0 件のコメント:

コメントを投稿