Google+ Followers

2016年12月29日木曜日

天災は忘れたころにやってくる

関義元です。

昨晩の地震では、幸い大きな被害はなさそうですが(まだ予断を許しません)、茨城県では、ヘリコプターのプロペラ音が、昨夜そして今朝も聞かれています。

当院でも、事前に策定されたマニュアルに従い、災害対策本部を立ち上げました。当院には地震による被害はありませんでしたが、災害拠点病院として、周辺医療機関の情報収集、災害時情報システム(EMIS)への入力等を行いました。
当院職員は、御用納め後にもかかわらず(病院ですから、もちろん休みはないのですが)、発災後、迅速に参集し、統率のとれた本部活動を行いました。特に看護師の皆さんは、素晴らしかったです。
看護師の皆さんが、医療機関への電話分担を決めています
茨城県では、震度6弱以上の地震は2011年4月以来初めてであった、と朝のNHKで言っていましたが(寝ぼけていたので、間違えているかも、、、)、平時からの備えが重要であることを、当院職員一同、再認識する機会となりました。課題が山積していることも自覚してます。

私自身、4月の熊本地震の際には支援に行きましたが、今回は、ともすれば受援側に回る可能性もありました。2011年の東日本大震災の際には、九州JMATが茨城を支援して下さいました。日本全国(世界中)どこにいても、お互い様、ということだと思います。
まだ、茨城県内DMATは待機中です。引き続き、被災地を見守っていきたいと思います。

最後に、来年度の後期研修医、まだ募集してます。当院での救急・総合診療・家庭医療に興味のある方は、2017年1月中に、ウェブサイトにあるメールアドレスへ連絡して下さい。日本プライマリ・ケア連合学会Ver.2認定プログラムもあります。

また、スタッフも募集しています。DMATや国際緊急援助隊登録者も、当院には複数在籍しており、現在の登録者及び将来の取得を考えていらっしゃる方も歓迎します。随時、連絡をお待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿