Google+ Followers

2014年10月26日日曜日

自治医大 地域医療臨床教員研修会に参加してきました。

皆さん、こんにちは。関義元です。

後期研修プログラム、募集はすでに始まっています。家庭医療後期研修プログラム(現在、日本プライマリ・ケア連合学会に、プログラム更新申請中です)のみならず、ほぼ全科で募集してますので、お気軽に見学にいらっしゃって下さい。プログラムについては、個別に相談に応じます。

後期研修募集要項
http://www.i-kenshu.jp/cat04/
見学申し込みフォーム
https://www.i-kenshu.jp/kengaku_uketsuke/

また、当科では、診療・研修医指導等にあたる、スタッフ医師も募集しています。興味を持たれた方は、まずは、一度、見学にいらっしゃって頂きたいと思います。

http://www.hospital.pref.ibaraki.jp/chuo/isiboshu

ちなみに、初期研修医も二次募集しています。こちらもどうぞ。
http://www.i-kenshu.jp/archives/whatsnews/%E5%B9%B3%E6%88%9027%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%88%9D%E6%9C%9F%E7%A0%94%E4%BF%AE%E5%8C%BB%E3%82%92%EF%BC%88%E4%BA%8C%E6%AC%A1%EF%BC%89%E5%8B%9F%E9%9B%86%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99/

さて、この土日ですが、私の母校である自治医大で開催された、地域医療臨床教員講習会に参加してきました。私は、昨年より、自治医大地域医療学センター臨床講師(地域担当)を拝命しております。

http://www.jichi.ac.jp/
http://www.jichi.ac.jp/usr/tiik/staff2.html

自治医大医学部の学生が出身都道府県において行う、CBL(Community Based Learning)という臨床実習があります。この講習会では、CBLを各都道府県で担当している卒業生(これが臨床教員です)が集まって、あれやこれやと学生教育について話し合い、その内容についてみんなでアイディアを出しあって行く場です。

参加しているのは、ほぼ全員が自治医大の卒業生ですから、ほとんど、同窓会みたいなものです。今回、特に感銘をうけたのは、自治医大での学生教育に関する熱意(我々が学生の頃より、すごいと思います。医療教育センターの岡崎先生のプレゼンは、迫力がありました。)です。
これだけの熱意で学生を教育して各都道府県に送り返してくれるんだから、自分たちも学生への教育を頑張らなければ、と意気に感じた卒業生も少なくなかったのではないかと思います。少なくとも、私はそう思いました。

研修会を担当してくださった、本学教員の皆様、学事課の皆様、本当にありがとうございました。

今回、久しぶり(と思ったら、臨床救急学会に参加したので、4ヶ月ぶりでしたね)の栃木。馴染みのお店は、みんな無くなっていて(T-T)、残っていたのは、お世話になっている大学書房とレストラン倉井だけでした。ちょっと寂しいですが、卒後、20年近く経ってますから、これも、やむをえないですね。

http://www7.airnet.ne.jp/shobo-hp/jichi/aboutsite/about.html
http://tabelog.com/tochigi/A0902/A090203/9002769/

0 件のコメント:

コメントを投稿